再現をする真相

1アリーシャ ◆yl1SBmcic. 2019/12/01(日) 15:59:00.25
「桐生の兄貴は真島を再現した」及び「真島は桐生の兄貴を再現した」
「桐生の兄貴が実は真島」とは「真島は喧嘩が苦手」を意味する設定
「真島が実は桐生の兄貴」とは「桐生の兄貴はお喋りが苦手」を意味する設定
こんな感じで再現の対象の「悪印象」を与える原因になるから
再現を批判するように物語は構成されている
言い換えればこれに気づくと「お前ら」にとって困る事があるから
「叩かれて当然」と言う解釈をしない事がわかるのだ
これに気づくと言う事は「無理なものは無理と認めた奴がいる」を「認める」を意味する
言い換えれば「男と女が愛し合う世界の実現など無理」も「ある話」だと言う事を「認める」を意味する
言い換えれば「不可能は実在する」を「認める」を意味する
つまり「不可能などある筈ない」と言う考えの持ち主が「お前ら」だと言う事がわかるのだ
しかし「再現」に手を染めたキャラの存在に気付けなかったことから
「お前らは全能ではない」事が「証明」された
つまり「お前らの考えは間違っていた」と言う話になる
言い換えれば「自分は全能だと思いたい奴」が「お前ら」なのだ
これが誤解なのが「再現」に手を染めたキャラの存在に気づけなかった事からわかる
これは「お前ら本当は弱い奴」だと言う「事実」から目を背けているだけの話なのだ
ただし「最悪の結果の誘い手の再現」だけは「話は別」なのだ
これは「最悪の結果の誘い手には何をしても無意味」を意図した行為なのだ
「毛利蘭は灰原哀の再現をした」とは
「毛利蘭が実は灰原哀」とは「灰原哀は猫を被っている」を意味する描写
これは「灰原哀を見張るために全存在は存在する事に灰原哀は気づいている」と言う
毛利蘭からのメッセージを意味する設定
つまり「男と女が愛し合う世界の実現など実現不可能」だと言う
毛利蘭からのメッセージを意味する設定なのだ
つまりこのメッセージに理解を示すと困る事があるから
「灰原哀を演じる毛利蘭は裏切り者扱いされて当然」という解釈を
「お前ら」はしない事がわかるのだ
このメッセージに理解を示すということは
「灰原哀は全てお見通し」だという事を「認める」事をも意味する
これは「私に何もかもを知られるのもある話」だと言う事を「認める」事をも意味する
言い換えれば「男と女が愛し合うのは不可能」と言う結論に私がたどり着く可能性を「認める」を意味する
これらの事を「ある話」扱いすると困る事があるから
「毛利蘭は裏切り者扱いされて当然」と言う解釈をしない事がわかるのだ
これは「男と女が愛し合う世界の実現」を「本気で信じている」から
「毛利蘭は裏切り者扱いされて当然の行為に手を染めた」事に気づかないだけなのだ
言い換えれば「男と女が愛し合うのは不可能」だと言う事を毛利蘭は「証明」しただけにして
それを「思い知らせたい」と言う「灰原哀の真意」に毛利蘭はまんまとハマっただけの話なのだ
つまり「蘭姉ちゃんは蘭姉ちゃんでした」にしか過ぎない設定なのだ

新着レスの表示
レスを投稿する