加計学園ピンチ2年連続【獣医定員2割超

1大学への名無しさん2019/04/04(木) 15:38:29.07ID:54sw1FtE0
さらに鳴り物入り(特区制度の根拠であった
四国入学枠は「最大20人程度」としていたが、1人(初年4人)にとどまった。

定員を過剰にこえる入学者が殺到していることを関係者は、
獣医学科は想定以上に併願者に来ていただいた。
と言っているけど、要は他の大学をすべて不合格だったということに過ぎない

この大学は早晩行き詰まるね。
卒業生が出だしたら、
1)国家試験に合格できるのか
2)四国や今治で就職するのが何人いるのか

ほとんどが、都会でペットの犬猫専門という高収益低リスク低技術獣医として開業するだろうよ

2大学への名無しさん2019/04/04(木) 15:40:49.09ID:3TgFtt8B0
さらに併設の獣医保健学科は受験生すら集まらず(何の資格がとれるのだ?)
文部科学省からは、定員順守できない学校として、補助金削減や対象外にされる危険性が
出てきてる
来年は、ともかく補欠合格を絞り込まないというけないが、低層には義理のある人の子弟
も多いだろうし、なやみ多いだろうな

3大学への名無しさん2019/04/04(木) 16:29:59.40ID:54sw1FtE0
加計学園の岡山理大で入学式 獣医学部で定員上回る 四国枠はわずか1人



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000018-mai-soci

4大学への名無しさん2019/04/04(木) 16:37:31.50ID:3TgFtt8B0
命と向き合い精進誓う 今治の岡山理科大獣医学部で入学式 夢へ大きな第一歩
(愛媛新聞オンライン)

獣医学科(学年定員140人、6年制)の172人と獣医保健看護学科(60人、4年制)の43人が目標に向けスタートした。
19年度入試志願者は獣医学科2010人、獣医保健看護学科104人。
獣医学科の四国入学枠(20人以内)には8人が応募し、合格した1人が入学した



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-04005701-ehime-l38
                   
今年の入学手続き者
獣医学部定員超過 172人  +32
獣医保健看護学科 43人 -17

定員未達や定員超過がつづくと補助金が削減されます

5大学への名無しさん2019/04/04(木) 20:06:39.39ID:uRY6Ga2V0
ドンという音がした
びっくりして見てみたら、斜め後ろの家の人が犬とボールで遊んでて そのボールが我が家の壁に当たったらしい。
当たったボールは はね返って隣の家に入ったらしく、隣の家の敷地に落ちてた。
それぞれの家は 60センチくらいの柵で区切られてる。
狭いんだから庭でボール遊びするなよ。
犬だけでもうるさいんだから 考えてよ!
隣の家には勝手に入ってボール取ってったみたい。
ボールが当たった壁を見に行ったら、柔らかいボールですから触ってみて下さいだって。
そんな 犬のよだれのついたボール触らないよ。
触りたくないって つい 言っちゃった。
ボール云々言う前に すみません 気をつけますだろ!

6大学への名無しさん2019/04/05(金) 13:14:04.83ID:cW++IGd80
>>4
安倍晋三お友達忖度により,何をやっても減額されないのが加計学園!

7大学への名無しさん2019/05/25(土) 21:32:31.69ID:aKzM22vV0
#天満屋>行政処分>事件>求人>新卒>採用>評判>社長>年収>本社>管制センター>移転>電話番号>倉敷>福山>柔道部>パワハラ >Facebook>Twitter
2018.9.13>gooニュース>ローカル>速報>毎日新聞>朝刊>P24

岡山 【天満屋グループの賃金未払い集団訴訟】請求額支払いで和解 岡山地方裁判所
 天満屋グループの警備会社「山陽セフティ」(岡山市北区西長瀬1206-7)の元社員ら7人が、会社側に未払い賃金約2400万円及びこれに対する遅延損害金約700万円の支払いを求めた訴訟が12日、岡山地方裁判所で和解した。
会社側が請求額と同額を支払うとの内容。
 訴状によると、元社員らは2015年1月~17年2月、山陽セフティに正社員の警備員として勤務。
夜間の仮眠時間も緊急時の出動に備えて車両などで待機していたが、車両待機手当(月7500円)や緊急出動手当(深夜勤務1回につき700円)などが支払われるだけだった。
 元社員らは「仮眠時間も会社の指揮命令下にあるため労働基準法上の労働時間に当たり、賃金が発生する」と主張。
ある元社員の場合は時間外労働時間が月平均172時間だったのに、月55~96時間分の賃金が未払いになっているとし、支払いを求めて17年4月に岡山地方裁判所へ提訴した。
これに対し、会社側は争う姿勢を示していた。
 和解について、山陽セフティの代理人:菊池弁護士は「一切コメントしない」としている。(朝日新聞)

新着レスの表示
レスを投稿する