6年連続年俸最下位 ドケチ貧乏球団DeNA [無断転載禁止]©2ch.net

1無礼なことを言うな。たかが名無しが2017/05/01(月) 16:37:52.28ID:8URox22X
【プロ野球】<平均年俸>3826万円 ソフトBが1位 DeNAが6年連続最下位 前年比で下がったのはオリックス、広島©2ch.net
日本プロ野球選手会は25日、選手会に加入する支配下選手734人の今季の年俸調査の結果を発表した。
リーグ開幕日の3月31日に登録されていた選手の平均で、消費税8%を含まない数字。
12球団トップは2年連続でソフトバンクの7013万円だった。
80年の調査開始以来、1位球団の平均が7000万円を超えたのは初めて。順位は以下の通り。

(1)ソフトバンク 7013万円

(2)巨人 6043万円

(3)阪神 4162万円

(4)ヤクルト 3737万円

(5)日本ハム 3488万円

(6)ロッテ 3446万円

(7)オリックス 3336万円

(8)西武 3283万円

(9)楽天 3196万円

(10)中日 2926万円

(11)広島 2767万円

(12)DeNA 2600万円

全球団の平均は3826万円で前年比3・1%増。リーグ平均ではパが3948万円、セが3704万円だった。
前年比で平均額が下がったのはオリックス、広島の2球団。DeNAは6年連続で最も少ない数字だった。
また、年俸1億円以上の選手は前年から8人増えて、72人だった。

スポニチアネックス 5/1(月) 14:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000111-spnannex-base

D ドケチ
e エコノミック
N 南場
A あほ

2無礼なことを言うな。たかが名無しが2017/05/01(月) 17:58:29.66ID:8URox22X
親会社  :犯罪行為しまくりでほとんどがマイナス
新人契約金:12球団唯一出来高なし
大入袋:交換コイン(3枚でコーヒー、5枚でビール)(他球団は500円玉)
http://blog.rcc.jp/other/announcer/index.php?itemid=20556
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20150410/bbl1504101204005-n1.htm
ネット中継:無料、有料含め多種多様(放映権ビジネス放棄)
チケット :発売分全日程で空席ありhttps://ticket.baystars.co.jp/pcダダ余り
総年俸  :20億程度
球場   :プロ規格ではないオンボロ球場
スポンサー:商売敵 日産マリノスがメイン広告やリリーフカーをスポンサード
スポンサー:PCデポのノジマ
ファンクラブのお得度:そうとう下がった
書籍:横浜の関内某書店野球コーナー、広島の本ばかりベイはたった2種類(笑)
映画:土曜日ブリリア客2割、映画に価値がなし
圧力:解説者の平松が最下位予想をするも開幕直前になぜか首位に、何かにおびえた表情
補強 独立から黒いロマック

3無礼なことを言うな。たかが名無しが2017/05/01(月) 23:11:26.40ID:ZKQavUn5
横浜スタジアムは改装でなく、新規に建設すべきだ。
できなければ身売りしろ。

4無礼なことを言うな。たかが名無しが2018/03/02(金) 06:23:03.31ID:XelgjxW3
誰でもできるPCさえあれば幸せ小金持ちになれるノウハウ
時間がある方はみてもいいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

JUGSC

5無礼なことを言うな。たかが名無しが2019/05/16(木) 11:10:21.86ID:iK4X/pSh
気の早いファンやマスコミは、2009年と重ね合わせているという。

今季、14勝24敗の借金10(5月15日現在)で最下位に低迷するDeNA。
10年前の5月18日には、今と全く同じ成績で当時の大矢明彦監督が途中休養した。さる球界関係者がこう言う。

「南場オーナーは先日、フロントに向けて『適切な対応を』と言った。このまま低迷が続き、ハマスタへの客足に影響するとフロントが判断すれば、ラミレス監督の休養もありうる。
その場合、青山ヘッドか万永二軍監督、さらにはファン人気の高い三浦投手コーチが代行監督を務めるでしょう」

■編成の失敗

たしかに、ラミレス監督の采配を「独善的だ」と批判するファンもいる。
しかし、さるベイスターズOBは、「チーム内にはラミレス監督に同情するムキもある。
独善的なのは今に始まったことじゃないし、それでも17年には日本シリーズに進出している。それより問題なのは、フロントの編成力です」と、こう続ける。

「昨季は3年ぶりにBクラスの4位に転落したが、ロペスら既存の5助っ人が残留。
新戦力は巨人を戦力外になった中井と、BC富山の古村、さらに開幕直前に楽天とのトレードで浜矢を獲得しただけ。
3連覇中の広島は別として、巨人、阪神は新監督を迎えて大型補強した。ヤクルト、中日もそれなりに動いた。
DeNAは現有戦力に頼り過ぎた面は否めません」

昨季新人王の東が左肘の違和感で出遅れ、開幕からセットアッパーのパットンが不振。三上も故障離脱した。
野手も筒香を除いて宮崎、ロペス、ソトが軒並み低調だ。

「DeNAは日本ハムなどと同様、大型補強に頼らず、育成とドラフトを軸としたチームづくりを進めているが、中堅選手の桑原や戸柱らに加え、若手投手も飯塚、京山が伸び悩んでいる。
今の二軍に一軍のレギュラーを脅かすような選手はいない。
近年は救援陣に頼りきりだっただけに、先発投手を補強しておくべきでした」(チーム関係者)

「大企業病」になっているという声もある。選手平均年俸は新規参入した12年から6年連続で最下位だったが、今季の年俸総額は30億円程度まで膨らんでいる。

「給料が上がること自体は悪いことではないが、万年Bクラス球団で低年俸選手がゴロゴロいた時代から様変わりした。
常勝チームでもないのに選手がヌクヌクとして、ハングリーさがなくなりつつあるというのです」(前出のOB)

フロントは、ラミレス監督だけに責任を押し付けるわけにはいくまい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000010-nkgendai-base
5/16(木) 9:26配信

新着レスの表示
レスを投稿する