忌まわしい女の話 [無断転載禁止]©2ch.net

1あー2017/09/06(水) 12:53:29.120
長くなるけど聞いてくれる人いるなら書く。

2夢見る名無しさん2017/09/06(水) 12:55:32.210
聞くよ

3夢見る名無しさん2017/09/06(水) 13:12:06.020
今から10年くらい前の話だけど、当時、俺は大学生だった。
地元を出て京都へ単身、アパートは京都駅から1kmくらいの街中だった。
大学は全国的にも有名な私立大学だったが、俺は専門学校も出てから浪人して入学したため、周りは3つ下の弟世代ばかりでかなり劣等感を感じていた。
そんな俺でも仲の良い友達はできたが、連中にも年齢についてはサバをよんでおり、偽りだらけの学園生活だった。
地元の中学高校とそこそこ女にモテてきたおれだったが、京都ではからっきしだった。
さらに年齢で劣等感を感じていたため、学園内における恋愛に対しても相当奥手になっていた。
恋愛に対して奥手になっていた俺が見つけた恋愛ツールがハンゲームというサイトだった。

4あー2017/09/06(水) 13:13:23.900
恋愛ツールとは言ったが、端緒は純粋にゲームをするためであって、特に大富豪を好んでプレイしていた。
はじめの内は純粋にゲームを楽しんでいたが、気づくと俺はアバターなるものに手を出していた。
このアバターをお洒落に着こなして(思い出すだけでも顔から火を吹きそうだが)友達掲示板なるもので自己PRして募集すると、(アバターが)可愛い女の子がくるわくるわ!
いとも簡単にたくさんの女の子たちと友達になれたのである。
彼女たちの多くとは、伝言板にてコミュニケーションを取り合うだけの仲だったが、話が弾み特に親しくなった子とは、チャットをしながら一緒にゲームをプレイしたりもした。
やがて俺は、ハンゲ界にはハンカレ∞ハンカノ≠ニいう概念があることを知った。
いわゆるネット恋愛であり、今時めずらしくもないが、当時の俺には新鮮だった。
そのようなカップル連中を、はじめは「気色悪い」と軽蔑できた俺だったがそれも長くはなかった。
白状すると、羨ましくなってしまったのである。

5あー2017/09/06(水) 13:14:10.960
そうして俺は、女の子たちにモテるがために次第にアバターにのめり込んでいった。
ハンゲ界では、アバターがステータスなのだ。
すぐに一人目のハンカノができたが、メンヘラだったためすぐに別れた。
問題の女(仮にA子)は、二人目のハンカノだった。
出会いは、友達掲示板に投稿されていたA子のPRを見た俺が、相手の伝言板に書き込んだことがきっかけだった。
彼女は滋賀の人間だった。
俺たちはすぐに仲良くなり、大富豪やタイピングゲームなどを好んで一緒に楽しんだ。
やがて、俺たちは付き合うことになった。
ここが地獄の入り口だった。

6あー2017/09/06(水) 13:14:49.990
A子は29歳だった。
当時の俺と比べてずいぶん年上だったが、年齢差を感じることなく意気投合していた。
やがて俺たちは、ハンゲームという枠を越えスカイプで通話する仲になった。
関西弁を使うA子とより親密になれたと俺は喜んだ。
だが正直、A子の声は可愛くなかった。
老け込んだダミ声のような気がした。
しかし、性欲モンスターと化していた俺には、そんなことどうでも良かった。
会いたい
と思った。
そこで俺は、写メを交換しないかと提案した。
A子は渋った。
なぜかと理由を追及すると、自信がないということだった。
俺は引かなかった。
「顔なんて気にしないよ。どんな容姿でも好きって気持ちは変わらない」
などと、もっともらしく、粘り強く説得し、ついに交換の了承を得た。
A子は美人だった。
俺は、興奮して舞い上がり、A子をさらに好きになった。
会いたい
と思った。

7あー2017/09/06(水) 13:15:15.690
高ぶる感情を抑えきれず、俺は思いきって
「会おうよ」
と言った。
ダメもとだったが、A子は、
「もう少し待ってくれる?」
となかなか前向きな反応をみせた。
嬉しかった。
その後も、スカイプをやりながらゲームをしたり、アバターについて話したりした。
そして、具体的にいつどこで会うかについても話し合った。
場所は、とりあえず京都駅に待ち合わせることになった。
ひさしく味わっていなかった恋人気分に俺は酔いしれた。
本気で好きになっていた。

約束した当日、俺はかなり早起きして、ヘアスタイルをばっちりキメ、1番気に入っている服装で、京都駅へ向かった。
歩いて行ったが、道中不安と期待でドキドキした。
A子とメールを通じて京都駅の近くにスタバがあるので、そこで待ち合わせることになった。
先に俺が着いたが、ややあって彼女も着いたとの連絡があった。
俺は高揚し血眼になって辺りを見回した。
そして、俺と同じく待ち人を探すかのような女を一人、視界の端でとらえた。

8あー2017/09/06(水) 13:15:41.120
続きはまたあとで

9夢見る名無しさん2017/09/07(木) 11:14:37.590
毎月のお支払い、生活費、携帯代でお困りの時はご相談下さい。お金の悩み、相談はエス ティー エーで

詳しくはHPをご覧下さい。

10夢見る名無しさん2017/09/09(土) 01:10:00.400
続き待ち

11あー2017/09/09(土) 17:53:17.230
おけ

12あー2017/09/09(土) 21:20:08.030
女の顔はよく見えなかった。
俺は、はやる気持ち押し殺し、おそるおそる女の方へ近づいた。
あらかじめ知らされていたのと同じ服装をしたその女の顔が、徐々に鮮明になった。
心の中で交錯していた期待と不安、前者が急速に萎み影を潜め、後者がゆっくりと膨張していったのを、俺は今でもよく覚えている。
『頼む、違っててくれ』
はっきりと心の中でそう叫んだ。
そんな不安をいち早く打ち消したく、俺は思いきって女に歩み寄った。
そして、女と目が合った。
俺は反射的に目をそらそうとしたが、女が、
「俺君?」
と呟いた。
俺の中で築き上げてきた何かが、瞬く間に崩れ去った。
会うためにこれまで費やしてきた時間と労力を思うと辛かった。
A子は、糞ブスだった。

13夢見る名無しさん2017/09/09(土) 21:30:40.610
終わり?

14あー2017/09/09(土) 21:33:40.410
すまんまだ

15夢見る名無しさん2017/09/09(土) 21:40:40.800
はよ

16あー2017/09/10(日) 08:44:58.810
※この先、かなり不快、卑猥な表現含

A子の顔は今でもよく覚えている。
俺は、かつてこれほど不細工な人間を見たことがなかった。
狭いおでこ、一重でつり上がった目、ぺちゃんこに潰れた小さな鼻、曲がった口とその隙間から覗く茶色くガタガタの歯(2本の前歯が前後にずれていた)、歪んだ輪郭・・・あらゆるブスの条件を満たしたような女だった。
さらに茶色く長いパーマのかかったヘアスタイル、派手めのメイクも相まって知性の欠片も感じられなかった。
男として人として、最低なのは承知だったが、俺はA子と一緒にいるのが恥ずかしかった。
田舎ならまだしも、そこは人々で溢れて返った京都の中心地だ。
周囲の目が痛く感じた。
それに京都駅周辺は、俺の生活圏だったし、大学の友人や知人に見られたりしたら笑い者にされるに違いない。
俺は、A子を誘うようして一緒に歩き始めた。
手は繋がなかった。
俺は、A子に
「俺んち行こうか。ここからすぐだから」
と、懇願するように尋ね、彼女は了承した。
とにかく一刻も早く、その場を離れて人気のない場所、俺の部屋へ逃げたかった。
そのまま奴を置き去りにして帰っても良かったが、これまで費やした労力を思うと、一発ぶちこまないと俺の気が収まらなかった。
『女は女だ・・・』
人気の多いところでは、よそよそしい態度になってしまったが、俺の部屋へ連れ込んでしまいさえすれば、優しく接する自信があった。
会話は弾まなかった。
おまけに俺はかなり早足だったから、二人の距離も結構あいていたかもしれない。
とにかく苦痛だったから、アパートへ着くと俺は心の底から安堵した。
俺は、A子を歓迎した。

17夢見る名無しさん2017/09/10(日) 08:52:34.630
酷いこと書くよねー

まあ、そんな感じかも

続けて

18あー2017/09/10(日) 12:45:27.410
俺の部屋はユニットバス付きの6畳一部屋で家賃は6万だった。
一通りの掃除は済ませたが、洒落っけのない部屋だった。
中央にテーブルがあり、ノートパソコンを置いていた。
そのテーブルを挟むように、一方にはテレビやオーディオ機器、反対側には布団が折り畳まれていた。
この日は、綺麗に畳まれていた布団だが、普段は広げっぱなしの万年せんべい布団だった。
A子を座るように促し、そうして俺も腰を下ろした。
パソコンが目の前に置かれた特等席に。
俺たちは、とりあえずハンゲームの話をしていた。
他に弾む話題なんてなかった。
くだらない会話をしつつ、俺の下半身はウズウズしていた。
かれこれ二年近くセックスなんてしてなかったから、焦燥感を抑えるのが大変だった。
A子は見れば見るほどブスだったが、もう構わなかった。
誰にも見られていない。
恋愛感情はすでに消え失せ、俺を突き動かすのは性欲だけだった。

19夢見る名無しさん2017/09/10(日) 12:47:45.000
男って顔関係無いんだねってか
顔とセックスしたいんだね本当は

20あー2017/09/10(日) 19:46:04.250
今ではどうかしてたと思ってるよ
結婚もしたし、変わったと思ってる

21夢見る名無しさん2017/09/10(日) 20:08:08.850
続きはよ

22あー2017/09/10(日) 20:21:57.380
正午を回った、昼飯の時間だ。
外へ出れば、そこら中に外食チェーンがあったが、察しのとおり、俺はA子を外へ連れて行きたくなかった。
だから俺から提案し、コンビニで弁当を買ってくることになった。
大抵の女性は、このようなシチュエーションならばレストランで食事したいと言いそうなものだが、A子は俺の提案に安堵した様子に見えた。
気のせいかもしれないが、そう見えた。
だからその時の俺は、
『この人、あんまり自分に自信がないもんで、外へでるのが好きじゃないのかも』
と思った。
同時に好都合だとも思った。
そうして、アパート正面の横断歩道を渡ったところにあるローソンで、適当に弁当を2つ買った。
部屋へ戻ると、A子は多少リラックスした様子でパソコンをいじっていた。
ハンゲームのアバターで遊んでいた。
気持ち悪いと思った。

23あー2017/09/10(日) 20:44:45.520
俺たちは、テレビを見ながら弁当を食った。
A子が俺の座椅子に座っていたので、俺は座布団に座っていた。
A子は、煙草を吸わなかったが、俺は一応断りを入れて吸っていた。
聞けばA子は高校を卒業したあと、定職についたことはなく、現在はニートだという。
滋賀のどこかにある団地に、父母と住んでいるらしかった。
ここへは電車できて、明日帰る。
どうしようもない女だと思った。
まだ外は明るかったが、早くセックスしたかった。
A子は、俺に惚れていると自信があった。
だから俺は、強気に出れた。
あんまりブスなもんだから、気を使わなくて済んだというのもあった。
俺は、さりげなく布団を敷き、だらしなく横になった。
そしてA子の髪に触れ、誘った。
「ほんまにい・・・?」
と明らかに戸惑うA子。
相手が好きな女の子だったらこんな真似ありえないが、A子はそうじゃないから関係なかったし俺は引かなかった。
照れと戸惑い、その両方を浮かべた表情でA子は俺の横になった。

24あー2017/09/10(日) 21:03:17.590
したくなかったが、俺はキスした。
「ディープキス好き?」
と俺が聞くと、好きじゃないと答えた。
ホッとした。
俺は、A子を脱がせようとしたが、明るかったし、かなり恥ずかしそうだったので照明を消した。
薄暗くて良い具合になった。
A子は、若干嫌そうな様子ではあったが、抵抗こそしなかった。
そして、全部脱がした。
小さい胸、陥没した乳首、短い足、そして醜い顔、良い点が何もなかったが気にならなかった。
フェラチオさせて、挿入できれば良かった。
俺は、ビンビンに勃ったぺニスを露出し、A子に舐めるよう頼んだ。
A子がどう感じたか知らないが、応じてくれた。
はっきりいって下手くそで気持ちよくなかった。
『もしかして初めてか?』
A子のアソコは毛がボーボーで、穴も処女かと思うくらいに狭く、なかなか挿入出来なかった。
そうやって焦る気持ちのせいで、次第に俺のぺニスは萎縮していった。
俺の経験上、こうなるともう駄目だった。
焦れば焦るほど縮む、負の連鎖だ。
俺はA子に謝った。

25あー2017/09/11(月) 19:44:07.100
A子は一泊していくことになった。
俺から提案したが、特に反対することなく素直に了承した。
やはり、俺に惚れていると思った。
そして、俺自身もA子の良い点を探し、できるだけ好きになれるよう努めてはいた。
夕食は、近くのスーパーで惣菜を買ってきた。
炊飯器はあったので、米はA子に炊いてもらうことになった。
買い出しから戻ってくるとA子が米をといでいるところだった。
俺は居間に腰を下ろし、A子の後ろ姿を見た。
短い足だと思った。
炊飯器のアラームが鳴ったので、炊飯器を開けてみた。
俺は目を疑った。
炊けた米は真っ黄色だった。
俺はしょっちゅう米を炊いていたが、これまでこんなことはなかった。
A子を非難こそしなかったが、心底ろくでもない女だと思った。
米すらまともに炊けないのか、と。
俺たちは、黄色い米と買ってきた惣菜を食べた。
俺は米に納豆をかけた。
洗い物はじゃんけんで決めてA子がやることになった。
そして、俺は心底呆れることになった。
A子が洗い物を終えた後、俺が流し台で茶を入れていたところ、妙に汚い箸が目にはいったのだ。
俺が納豆を食うのに使った箸だ。
俺は鼻で嗅いでみた。
納得臭かった。

26夢見る名無しさん2017/09/20(水) 09:39:40.160
毎月のお支払い、携帯代、生活費でお困りの時はご相談下さい。
当日融資可能です。
お金の悩み、相談はエス ティー エーで

詳しくはHPをご覧下さい。

新着レスの表示
レスを投稿する