杉原快青

1夢見る名無しさん2018/08/31(金) 13:30:29.640

2夢見る名無しさん2018/09/16(日) 13:49:48.380
はい

3夢見る名無しさん2018/09/21(金) 01:20:35.980
はい

4夢見る名無しさん2018/09/24(月) 17:51:16.700
はい

5夢見る名無しさん2018/10/17(水) 22:56:39.240

6夢見る名無しさん2018/11/18(日) 20:01:51.590
なにこのスレ

7夢見る名無しさん2018/11/18(日) 20:15:41.240

8夢見る名無しさん2019/03/14(木) 23:33:56.800
昨年6月、民法の一部が改正され、移行措置の上、2022年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられることが、国会で決定しました。
また、年齢要件を定める他の法令についても必要に応じて、18歳に下げる改正が進んでいます。そのような中、政府および法務省の中で、少年法の適用年齢を、20歳から18歳に下げようとする動きが進んでいます。
皆さんは、これをどう考えますか。私は、反対です。

9夢見る名無しさん2019/03/14(木) 23:34:27.290
現行の18歳、19歳を未成年(少年)と見なす少年法の中では、殺人などの凶悪犯罪の場合は、家庭裁判所から地方裁判所に送致され、成人と同様の処罰を受けるケースはありますが、ほとんどの場合は、
まずは、鑑別所に送られ、3〜4週間、家庭裁判所の調査官による家庭環境や生育環境などの調査を下に、学校や児童相談所とも相談の上で、
児童自立支援施設や少年院などへの送致、試験観察や保護観察処分などを通し、その少年の更生を図っています。

 しかし、18〜19歳が成年とされれば、そのような矯正教育を受ける機会を失い、そのまま警察から検察に送致されることとなり、
窃盗などの微罪の場合は、その7割弱が起訴猶予、さらに刑事事件として立件された場合でも、その多くは執行猶予という形で、社会に戻ることになります。

10夢見る名無しさん2019/03/15(金) 13:24:27.460
>>1
至って普通

11夢見る名無しさん2019/07/19(金) 22:16:08.660
マザコン

12夢見る名無しさん2019/08/23(金) 20:34:43.020

13夢見る名無しさん2019/09/12(木) 21:04:58.350

14夢見る名無しさん2019/09/12(木) 21:06:23.830

15夢見る名無しさん2019/09/29(日) 00:24:07.430

16夢見る名無しさん2019/11/20(水) 00:35:20.900
あら

新着レスの表示
レスを投稿する