【荒川弘×田中芳樹】アルスラーン戦記21【別冊マガジン】


漫画・荒川弘/原作・田中芳樹『アルスラーン戦記』
世界最高の歴史ファンタジー、ここに開幕!
次スレは>>980あたりで立ててください


<前スレ>
【荒川弘×田中芳樹】アルスラーン戦記20【別冊マガジン】
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/ymag/1525784036/

<公式関連サイト>
漫画公式
ttp://www.shonenmagazine.com/bmaga/arslan
アニメ公式
ttp://arslan.jp/2/
ツイッター
ttps://twitter.com/arslan_anime?lang=ja

<その他>
らいとすたっふ
ttp://www.wrightstaff.co.jp
秘書ツイッター
ttps://twitter.com/adachi_hiro?lang=ja
秘書ブログ
ttp://app.m-cocolog.jp/t/typecast/26242/27758
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:: EXT was configured
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

外伝(原作小説)の「東方巡礼」読む限りセリカのモデルは末期唐王朝っぽい。
もろ李克用(元祖独眼竜)な黒ずくめ(鴉軍)の武将とか出てくるし

エラム「僕は男だから乳は出ない!」

チェルクがどこの国モチーフなのかがわからない・・・

>>723
原作のチュルクはたぶんテュルク系遊牧民がモデル

ちなみにトゥラーンは突厥か吐谷渾がモデルとと想われる

なるほど
こうなるとルシタニアとシンドゥラのわかりやすさは易しいなw

銀の匙完結かぁ
でも荒川先生同時連載しすぎだったし、負担が減るのはいいことだよな?

>>726
おぉ。連載は終わったのか。
コミックスの最終巻まで出たら、電書で積読しといたのを一気読みだ。

>>724
その辺の歴史が分かる物を読んでみたくなった
今度本屋で探してみるかな

絹の国のバカ女星涼公主

父親があんな状態であるにもかかわらず、皇族女性として守るべき習慣を踏みにじり
危険な国境地帯をお忍びで徘徊。それを恥じてもいない。
ガイエもこの馬鹿女をお高く留まっていない進取の気性に富んだお姫様扱いwww

雌犬と雌豚ほどではないが悪い意味で印象に残る迷キャラだったなwww

ポンコツ主人公アルスラーン

こいつが輝くためにガイエが好んでとった手法はカイ・ホスロー朝の歴代王sage

へぼ画家とセコムその他有能家臣たちにおんぶにだっこ。手厚いメンタルケアも受けている
アルスラーン。こいつを輝かせるためにカイ・ホスロー朝の歴代王を民衆のためになることを何一つしない奴だらけだったと
領民の害になるはずの事をしまくったのにそれがなかったことにされているへぼ画家にディスらせるガイエwww

強大な隣国を抑えて大陸公路の王者とまで呼ばれるほどパルスを繁栄させてきた王朝なら
名君率が高く、致命的な暗君は出なかったはずなんだがなw

だがガイエにかかると無能な性悪王率が高い王朝にされ、逆に大陸公路のダニゾット族が
素朴で勇敢な部族扱いされ美味しい思いをするwww

アルスラーン殿下を輝かせる凡庸な手法がある

アルスラーンにとっては大事な仲間の雌犬は罰せられるべき犯罪者
アルスラーンは雌犬とゾット族の犯罪とその被害者たちから目をそらさず
公人としてけじめのある態度で雌犬に接し、被害者の救済をすべきだろwww

雌犬に過分な恩賞と公職を与えず、宮廷には出入り禁止。公式の場はもちろん大勢の人がいる前では雌犬と親しい様子を見せない。
雌犬に会いたい時はお忍びでへぼ画家の家で会う。
この程度のけじめもつけられず栄誉の黒旗授与・アルフリード女卿爆誕させたのがへぼ画家の傀儡アルスラーンwww

私情を抑えて公人としてのけじめをつけて輝くのではなく
栄華を極めても不幸な一族をsageることで輝く解放王アルスラーンw

歴代パルス王も気の毒だな。逆恨みの魔導士のメインターゲットにされ
トゥラーンやシンドゥラと競り合いながらパルスを繁栄させても
えこひいきの田中にかかるとあの扱いと評価だ。

世継ぎを儲けることで王朝の存続を保証し、パルスを支えている臣下と民衆の努力に報いてきた
カイ・ホスローの子孫たちの方がへぼ画家の傀儡よりずっとマシな王様だよ。

へぼ画家その他16翼将も雌犬との付き合いに関しては公人としてのけじめをつける必要があるはずなんだが
えこひいきの田中にかかるとアルフリちゃんとその一味の犯罪は大したことではない扱いにされ
雌犬は宮廷とエクバターナを我が物顔で闊歩し、ゾット族は我が世の春を謳歌しているねwww

商船を所有し多数の船員を雇用できる甲斐性がある
グラーゼはゾット族に命と財を奪われて当然なお金持ちなので
雌犬は機会さえあったら何の躊躇もなくグラーゼの財貨を奪っただろう

雌犬はアンドラ侮辱碑を見てさぞかし胸がスッとした事だろう。

カイ・ホスロー朝に処罰処刑された一族の無念を愛するへぼ画家が慰霊の皮を被った
アンドラ侮辱碑を建立して晴らしてくれたんだからな。

慰霊祭には雌犬も当然の顔をして
カイ・ホスロー朝ゆかりの宝飾品を身に着けて参列したのは間違いない

強盗殺人犯にレイパーの血が何ダースもドックん。ドックん。と流れている
汚い血を持つ雌犬が、出生の秘密を差し引いても誇るに足る家系に生まれた
ヒルメスにつぐ血筋自慢キャラというのも独創的ですなぁ。

凡庸な物語では雌犬のような設定があるキャラは己と一族の罪に真摯に向き合い
試練を受けるのだが、依怙贔屓の田中はゾット族、ひいては雌犬にそんな凡庸な見せ場を与えなかったwww

アルスラーンが追放されたらもう遠慮する必要ないんだから、
ペシャワールにいるゾットの雌犬の逮捕と処罰を求める動きは絶対にあるはずなんだが
えこひいきの田中にかかると身分は低くても
経歴は奇麗なエラムと同じ扱いをペシャワールで雌犬は受けており

雌犬がエラムと脱走・アルスラーンと合流しなければ何事もなく過ごせた扱いになっているのが笑えるwww
えこひいきの田中はゾットの女賊アルフリードをアルフリード女卿に化けさせて
雌犬とその一味の悪事の矮小化に励んでいたおかげだな。

いうてもトゥラーンは略奪が産業だしモンゴルの印象が強いかな

739作者の都合により名無しです2019/12/01(日) 21:31:01.79
遊牧は基本どこも略奪よ

あとトゥラーンの場合はディザブロス(漢語読みだと室点蜜)とかイルテリシュ(漢語読みだと阿史那骨咄禄)
みたく突厥の可汗(王様のこと)の名前丸パクリしてるから

ちなみにディザブロスとかイルテリシュってのは東ローマの資料からの引用

東ローマは知らんかったな

741作者の都合により名無しです (JP 0Hdf-EERu [153.145.216.197])2019/12/03(火) 16:15:34.04ID:UEJfjuaRH
で、何ページ書けます?

身内が病気になったのに…

ニュースでペシャワール会とか出てきて吹いた。

そんな常識レベルの地名で?

原作は人名だけじゃなく地名とかも丸パクリだからしゃーない

>>744
基本、田中は実在の名前や地名をサンプリングして書く方針だから。
銀英伝のスーン・スールズカリッターが数少ない創作姓だろ。

マヴァールとかポーランドだかの人名を入手したんで書くとか、本末転倒的なことも言ってたような。

746作者の都合により名無しです (ワッチョイ 5abc-Yjmb [219.122.183.46])2019/12/05(木) 21:47:16.85ID:OSIZCvRL0
仮想世界で実在の地名人名を使うのはパクリというのか?
あんまり創作名称ばかり出されても読みにくいよ
読みやすければ実在名と創作名がそれぞれどの程度あっても好きにしてくれと思う

へぼ画家はトゥラーン人を貧しいからと言って他者から奪うのは許されないと断罪していたが
雌犬一味の強盗殺人強姦は一切非難していねぇなwww

アル戦では雌犬一味の強盗殺人強姦は奇麗で正しい強盗殺人強姦なんだろうwww

ゾット族の悪事を非難する人たちはナルサスが問答無用で切り捨てているんじゃねぇかwww

ゾット族への恩赦は破格の扱いだな

戦争に従軍することで恩赦を与えられるのは従軍した連中だけのはずなのに
ゾット族全員が無罪扱いされて、パルス中を闊歩しているとはえこひいきの田中らしい展開だわwww

ギラン周辺にいた一握りのゾット族が従軍しただけで犯罪は不問に処され、被害者に慰謝料を払うどころが
逆に手厚い支援を公金から得られ、歩く世襲のデメリット・最低最悪の王侯貴族メンタリティーの持ち主雌犬は
アルフリード女卿に成り上がり、パルス宮廷ででかい面していられるんだからな。

アルスラーンの王としての器量を表現したいなら
ギランでアルスラーンにゾット族の恩赦に泣いて
抗議するゾット族に夫を殺された女性とその子供でも出せやwww

被害者の抗議にどんな反応を示すかでアルスラーンの王としての資質や人間性を表現できるだろうwww

数多の人々の命を財を奪ってきた雌犬とその一味はその罪に対して何の報いも受けず我が世の春を謳歌する

一方、人造人間と邪悪な魔導士の恐怖政治を打倒し祖国を繁栄させてきた一族は作者からあらゆる不幸と屈辱と罪を与えられ
尊師を名乗る逆恨みの魔導士に反撃できずに断絶する

これがガイエが得意げに吹聴していた反貴種流離譚らしいぜ

反貴種流離譚とは作者の王侯貴族へのルサンチマンの発露でしかなかったんだな

己の罪を何一つ反省せず身の丈に合わない富貴を貪る雌犬に結果を出してきた主家を事あるごとに侮辱する無責任領主へぼ画家
王家が建立した神殿で育ちながら英雄王の鎮魂すら祈らずその子孫を英雄王の墓前で侮辱する雌豚

ガイエの王侯貴族へのルサンチマンがひり出した迷キャラだなwww

ほら吹きも酷いもんだ

戦場から落ち延び再起を図るという合理的な判断をしたアンドラを侮辱して
強盗殺人強姦とあらゆる悪事をやってのけてきたゾット族とは仲良しこよしとはねぇ

アンドラは出自の低さとトラブルメーカーぶりを我慢して能力と功績に相応しい地位を
ほら吹きに与えたはずなんだけどなぁ

ガイエの王侯貴族へのルサンチマンは善悪の判断をここまで狂わせるんだな

無実ではないが無罪になった雌犬とゾット族がギランの民衆や傭兵たちの
憎悪と嫌悪、警戒の対象になっている描写がないのはえこひいきの田中の芸風ですwww

ギランの商人のグラーゼが雌犬とゾット族ひいてはこいつらとつるんでいるアルスラーンにあんなに簡単に
好意を持ち忠誠を誓うなんてことはありえねぇんだが、ガイエはフィトナ女王様にホイホイ従うミスル軍を
爆誕させた同窓生あふれる作家だからなぁwww

12巻の帯によると11巻で680万部だとか
完結までに1000万部は行きそうだがそうなると第2部も連載!という流れになるだろうか?

最終回はもう決めてると連載初期や最近の特装版ブックで言ってるし
長く引っ張っても1部までだろう

そうかあ・・・
でもまあ連載後に余裕があれば外伝ぐらいなら連載してくれるかもしれんし気長に待とう

実は有能かもしれないガーデーヴィ
槍投げでバフマン万騎長を仕留めてる

ガーさんは原作でも槍の名手らしい記述がある

原作も荒川版同様、能力より人情なさすぎで周囲から見限られた

ガーさんは荒川さんの肉付けで、大変表情豊かな人だった

760作者の都合により名無しです (ワッチョイ 5abc-Yjmb [219.122.183.46])2019/12/08(日) 22:26:32.90ID:jpFxvPnJ0
ガーデーヴィは顔芸が面白すぎたおかげで最期が飲み込みきれなかったなぁ
まぁその気持ちもアルスラーンが無理矢理飲み込んだ心情と同調しやすくはなったかもしれない

中二病こじらせるとヒルメスみたいになるんだなと思った最新話

あの人物が未来の立ち位置に相応しい顔立ちにされてるな
角川版の旧コミカライズではめっちゃモブ顔だったが

ドン・リカルド、イケメンだな

リカルド第71章で既に1コマだけ出てるんだな

ドン・リカルド、この先待つイベントを考えたら髪の色は濃いかと思ったけど白抜きなんだな

ギーヴの表情が最高に意地悪くていい!!!!!!

>>761
自分こそが正統の王と主張するわりにその正統さを宝剣に求めるあたり実はコンプレックスの塊のヒルメスさん
生来のプレイドの高さとコンプレックスが混ざり合った結果いい年こいて中二病になっちゃったんだろうね

蛇王って「へびおう」の読むのかよ
七都市物語を「ななとしものがたり」と読んだり
ほんとこの作者はルビのセンスないな
「じゃおう」や「しちとし」の方がかっこいいのに

音読みと訓読みどちらがいいかは作風によるな
まぁ凍結と書いてコキュートスとかルビ振ったらもうアウトだけど

ルビの二段重ねもした秋津透って作家がいましてね…

四文字熟語検定こと岡田芽武先生も忘れちゃいけない

そろそろクリスマスだけどアル戦の世界にはそういうのないのかね?新年の儀はあったけど

新着レスの表示
レスを投稿する